出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 機器などを使って検査し、故障などを知ること。「ガス漏れを―する」「―器」

  1. (見知)実際に目で見て知ること。目で見て心に悟ること。

    1. 「端より尾に至るまで備さに之を―するを得るも」〈フェノロサ・美術真説〉

  1. 実地に調べること。

    1. 「洞院の御所にたてられたる文庫共を、出納知兼をもって―せらる」〈保元・下〉

  1. 敵の下級武士の首を検査すること。首実検。

    1. 「首七十三取って鋒 (きっさき) に貫いて…六波羅へ馳せ参る。…両六波羅は敷皮に坐して、是を―す」〈太平記・八〉

  1. 検尺 (けんじゃく) 

出典:青空文庫

出典:gooニュース