出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 水などを使って汚れを取り去る。「食事の前に手を―・う」「雨に―・われて新緑が美しい」

  1. 海や川の水が打ち寄せて物にかかる。「大波に甲板が―・われる」

  1. 隠れている事柄を調べあげる。「身元を―・う」

  1. 心をすがすがしくする。「心が―・われる」

  1. (「足をあらう」の形で)今までかかわっていた好ましくない仕事などを、きっぱりとやめる。「足を―・ってかたぎになる」

[可能]あらえる
[用法]あらう・[用法]すすぐ――「洗う」は水の中で、こすり、もみ、石鹸 (せっけん) をつけるなどして、汚れを落とす意。「すすぐ」は水をかけたり、そのものの中に水を入れたりして汚れを流す意。「顔を洗う」とはいうが、「顔をすすぐ」とはいわない。「口をすすぐ」とはいえるが、ふつう「口を洗う」とはいわない。◇「洗濯物を洗う」は、洗剤を使って汚れを落とし、さらにその洗剤を洗い流すこと全体をいうが、「すすぐ」は最後に洗剤を落とすことについていう。◇「すすぐ」には「汚名をすすぐ」のような抽象的な用法があり、この場合、類似の語「そそぐ」と置き換えられるが、「洗う」では置き換えられない。◇類似の語に「ゆすぐ」があり、「洗い物をすすぐ(ゆすぐ)」と相通じて用いられる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース