出典:デジタル大辞泉(小学館)

フウロソウ科の多年草。山野に自生。葉は手のひら状に裂ける。夏、白色や紅紫色の5弁花をつけ、実は熟すと五つに裂ける。地上部を煎 (せん) じて下痢止めなどに用いる。名は、効き目がすぐに現れることに由来。みこしぐさ。 夏》「殉難碑―の花は欠く/青畝

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語