出典:デジタル大辞泉(小学館)

清涼殿の東の広庇 (ひろびさし) の北にあった絹張りの衝立 (ついたて) 障子。表には荒海のほとりに立つ手長・足長の怪人図、裏には宇治の網代 (あじろ) で氷魚 (ひお) をとる図が描かれている。