出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、課役免除を認めた太政官符。有位者・官人・僧侶など課役を免除される扱いの者が、初めてその身分を得たときに与えられる。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉