げんぶんいっち‐うんどう【言文一致運動】 の意味

  1. 言文一致により、思想・感情を自由・的確に表現するための文体革新運動。明治初期に起こり、二葉亭四迷山田美妙尾崎紅葉らが各自の作品に試みてからしだいに普及し、現在の口語文に至る。