出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。三報の一。現世でつくった業因 (ごういん) の報いを現世で受けること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉