出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (「検脈」とも書く)脈をみて診断すること。「検温見脈」

    1. 「―にして病を指す」〈滑・浮世風呂・前〉

  1. 外見から推察すること。

    1. 「旅を歩くが商売といったら、たいてい―でも知れさうなことだ」〈滑・続膝栗毛・四〉

  1. 剣幕 (けんまく) 」に同じ。

    1. 「生肝でも抜きさうな―だから」〈滑・七偏人・二〉

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉