出典:デジタル大辞泉(小学館)

目をかけて養うこと。また、その者。

「御辺は未だ私の―にて、公方の御恩をも蒙らねば」〈太平記・一〇〉