出典:デジタル大辞泉(小学館)

功徳のしるしが現れること。

「法華の―の新たなることかくの如し」〈今昔・四・四〇〉