出典:デジタル大辞泉(小学館)

親が子を思うあまりに、思慮・分別がつかなくなることのたとえ。