出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. と。とびら。また、家屋の出入り口。とぐち。

  1. 家。一家。「戸を構える」

  1. 律令制で、行政上、社会組織の単位とされた家。普通は2、3の小家族を含む20~30人の大家族が多い。

[接尾]助数詞。家の数を数えるのに用いる。「戸数500戸」

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉