出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 粗く大ざっぱに切ること。また、切ったもの。

  1. 戦陣で、先頭の兵士が敵を切りたてながら進むこと。

    1. 「いでいで武蔵―せん、跡をばこなせ若武者ども」〈幸若・高館〉

  1. 粗く刻んだタバコ。特に、安永(1772~1781)ごろにはやった国分 (こくぶ) タバコを五分切りにした上等品。