出典:デジタル大辞泉(小学館)

恋のためには、聖人君子でさえ過ちを犯すことがあるということ。