こ‐いほう〔‐イハウ〕【古医方】 の意味

  1. 漢方医学で、後漢時代の医学を行う一派。「傷寒論」「金匱 (きんき) 要略」などに示された処方を行う。日本では江戸前期から行われ、後藤艮山 (こんざん) 山脇東洋らがいる。古方家。→後世方 (ごせいほう)