出典:デジタル大辞泉(小学館)

婿に来てほしいと望むこと。また、特に望んで迎えた婿。

「人のほめ草なびき、歴々の―にも願ひしに」〈浮・永代蔵・四〉