出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 学者・文人・画家などが本名のほかに用いる名。雅号。

  1. 雑誌など定期刊行物の、それぞれの一冊をいう。「今度の号が楽しみだ」

  1. 絵画(洋画)のカンバスの大きさの単位。

  1. 和文活字とその込め物の大きさの単位。初号は42ポイント。号の数が多くなるほど小さくなる。→号数活字

[接尾]
  1. 数詞に付いて、順序を示すのに用いる。「1号」「3号車」「5号室」

  1. 乗り物や動物などの名前に付いて、それが名称であることを示す。「こだま号」「タイタニック号」

  1. 新聞・雑誌など定期刊行物で、発行の順・月・季節や種別などに付いて、どのような種類のものであるかを示す。助数詞として用いることもある。「第2号」「1月号」「秋季号」「臨時増刊号」

  1. 衣服のサイズを示すのに用いる。「9号のスカート」

  1. 鍋・指輪・植木鉢など、円形の物のサイズを示すのに用いる。「5号のホールケーキ」