出典:デジタル大辞泉(小学館)

造山運動に伴い、地下深所にもたらされた岩石が、高温・高圧のもとで再結晶し、片状 (へんじょう) 構造をもつ変成岩に変わること。熱動力変成作用。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉