出典:デジタル大辞泉(小学館)

有力者や権力者と縁故のあること。また、それを利用してわがままな行いをすること。

「郎等、本の妻 (め) はありけれども、―を取ると思ひて、喜ぶこと限りなし」〈今昔・二六・五〉