出典:デジタル大辞泉(小学館)

科挙の制度で、試験問題の最も難しい科。代には進士の試験を称した。甲第。