出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ下二]《「かんがふ」の音変化》
  1. 思案する。前例や習慣などに照らし合わせて考える。

    1. 「近うまたよき日なし、と―・へ申しけるうちに」〈・行幸〉

  1. 責めとがめる。また、勘当する。

    1. 「少し心のどかに心を伸べてこそ、よろづの罪―・へ申すべかりけれ」〈夜の寝覚・四〉