出典:デジタル大辞泉(小学館)

物体の一点と両眼とを結ぶ直線がなす角。この角度が大きいほど物体は近くにあると判断される。