出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸後期、文化年間(1804~1818)以後に流行した草双紙の一種。それ以前の黄表紙などが5丁1冊であったのを、数冊合わせて1冊とし、長いものは数十冊にも及ぶ。内容は教訓・怪談・敵討ち・情話・古典の翻案など多方面にわたり、子女のみならず大人の読み物としても歓迎された。作者に柳亭種彦曲亭馬琴山東京伝らがいる。合巻本。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉