出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。善悪の行為が因となって、苦楽の報いを感受すること。