出典:デジタル大辞泉(小学館)

血液を瀉血 (しゃけつ) しながら等量の輸血を行い、全血液を新しい血液と置き換えること。主に新生児黄疸 (おうだん) の治療として行われる。