出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「攻」は、みがき加工する意》玉を磨くこと。また、知徳を磨くこと。