こうけい‐しょく【口径食】 の意味

  1. カメラなど光学系で、レンズに斜めに入射した光線の一部が鏡筒やレンズの縁で遮られ、視野周辺部の光量が減少する現象。
  • 名詞