こうけ‐きもいり〔カウケ‐〕【高家肝煎】 の意味

  1. 江戸幕府の高家のうち、三人で月番をつとめ、職務を主宰したもの。従四位下侍従に任じられ、正四位上少将にまでのぼった。