出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、領主の検見 (けみ) に先だって村方が作柄を内見 (ないみ) し、もみの収量を見定めて役所へ報告すること。合毛 (ごうけ) 。合付け。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉