出典:デジタル大辞泉(小学館)

能舞台で、橋懸かりから舞台に入るときに左側にある柱。シテ柱の奥で、後見座狂言座との間にある。狂言柱。