出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ある時代の、話し言葉の形式。話し言葉体。

  1. 現代の、話し言葉に基づく文章の形式。口語文の文体。常体(「だ体」「である体」など)と敬体(「です・ます体」「でございます体」「であります体」など)とがある。⇔文語体