こうご‐ねんじゃく〔カウゴ‐〕【庚午年籍】 の意味

  1. 天智天皇9年(670)庚午 (かのえうま) の年に作られた、全国的規模のものとしては最古の戸籍。戸籍は30年保存を原則としたが、この台帳は永久保存扱いにされた。現存しない。