出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中国で、地方からすぐれた子弟を中央政府に選抜・推薦すること。また、その者。明代以降は、科挙の会試に合格してまだ殿試を経ない者をいった。

  1. 慶応4年(1868)諸藩から選ばれて藩論を代表し、議事所に出仕して議事に参与した人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉