こうじゃく‐ふう〔クワウジヤク‐〕【黄×雀風】 の意味

  1. 陰暦5月に吹く東南の風。この風の吹くころ海魚が変じて黄雀になるという中国の言い伝えによる。 夏》「鶴去って―の吹く日かな/碧梧桐