出典:デジタル大辞泉(小学館)

椎骨 (ついこつ) を連結している靭帯骨化する病気。特定疾患の一。進行すると脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され、知覚障害や運動障害などの神経障害を引き起こす。首筋や肩甲骨周辺のしびれ・痛みが指先・上肢・下肢に広がり、手指の細かい作業や歩行が困難になる。原因は不明。治療法は、頸椎 (けいつい) を固定する保存的治療、消炎鎮痛剤・筋弛緩剤などによる薬物療法などがあり、症状が重い場合は手術治療が必要となる。OPLL(ossification of the posterior longitudinal ligament)。