出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 口頭で述べることの趣旨や次第を文章にしたもの。口上。

  1. 江戸時代、裁判などに関する口頭の供述を筆録したもの。特に武士・僧侶・神官などの場合に限っていった。→口書 (くちが) き

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉