出典:デジタル大辞泉(小学館)

庚申 (かのえさる) の日、仏家では青面金剛 (しょうめんこんごう) または帝釈天 (たいしゃくてん) 、神道では猿田彦神を祭り、徹夜する行事。この夜眠ると、そのすきに三尸 (さんし) が体内から抜け出て、天帝にその人の悪事を告げるといい、また、その虫が人の命を短くするともいわれる。村人や縁者が集まり、江戸時代以来しだいに社交的なものとなった。庚申会 (こうしんえ) 。 新年》