出典:デジタル大辞泉(小学館)

Aral Sea》中央アジアのカザフスタンウズベキスタンにまたがる塩湖。かつては世界で4番目に大きな湖として知られたが、1960年代以降、急速に干上がり、面積は10分の1になった。砂漠を灌漑するため、湖に注ぐアムダリアシルダリアから大規模な取水が行われたのが原因。現在は、北アラル海、西アラル海、およびその間にある小さな湖の3湖に分かれ、アムダリアの河口は接していない。