出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和10年(1935)8月、皇道派の陸軍中佐相沢三郎が、統制派の陸軍省軍務局長永田鉄山少将を執務中に斬殺した事件。翌年の二・二六事件の伏線となった。永田事件。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉