出典:デジタル大辞泉(小学館)

細胞内で作られ、生体内のほとんどの化学反応触媒の働きをする、たんぱく質を主体とする高分子化合物。特定の反応だけに働く特異性があり、酸化還元酵素・転移酵素・加水分解酵素・脱離酵素・異性化酵素・合成酵素に大別される。酒・味噌・醤油 (しょうゆ) などの醸造、食品製造・医薬品などに用いる。エンザイム。エンチーム。

出典:青空文庫

出典:gooニュース