出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安中期以後、僧兵神人 (じにん) らが仏神の権威を誇示し、集団で朝廷・幕府に対して訴えや要求をすること。

  1. 江戸時代、農民が領主に対して年貢減免などを要求すること。