出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安時代、公的な儀式歌謡の大歌に対して、民間で流行した歌謡。また、五節の舞の伴奏歌曲である男声の大歌に対して、その前の行事で女官がうたう小歌曲をいう。

  1. 室町時代、民間に行われた手拍子や一節切 (ひとよぎり) を伴奏とする短い歌謡。

  1. 江戸時代、地歌などの芸術的歌曲に対して、2の流れを引く、巷間で流行した短い歌謡の総称。

  1. 能・狂言の中で、室町時代の俗謡を取り入れた部分。

出典:青空文庫