こう‐だい〔クワウ‐〕【広大/×宏大】 の意味

  1. [名・形動]広く大きいこと。また、そのさま。「―な家屋敷」⇔狭小
    • 「頭 (かしら) の勢力の―なるに驚くにつれて」〈漱石・坑夫〉
  1. [派生]こうだいさ[名]
  • 名詞

こう‐だい〔クワウ‐〕【広大/×宏大】の慣用句

  1. こうだいむへん【広大無辺】
    • [名・形動]果てしなく広くて大きいこと。また、そのさま。「広大無辺な(の)宇宙空間」「広大無辺な(の)恩恵」