出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 膜翅 (まくし) 目アリ科の昆虫の総称。体は小形で、黒色または赤褐色。頭・胸・腹部の間がくびれている。1匹の女王アリ、少数の雄アリ、多数の働きアリで集団生活を営む。地中や樹木に巣を作り、時に巨大な蟻塚を作る。日本にはクロヤマアリクロオオアリサムライアリなど100種以上が知られる。 夏》「睡蓮の乾きたる葉に―遊ぶ/年尾

  1. 木材の先端に作る、先が広がった鳩尾 (きゅうび) 形。継ぎ手仕口 (しくち) などに用いる。