出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1867~1947]小説家・随筆家・考証家。東京の生まれ。本名、成行 (しげゆき) 。別号、蝸牛庵 (かぎゅうあん) など。明治22年(1889)「露団々」「風流仏」で名声を確立。尾崎紅葉と並ぶ作家となった。のち考証・史伝・随筆に新境地を開いた。第1回文化勲章受章。小説「五重塔」「風流微塵蔵」「運命」「連環記」、評釈「芭蕉七部集」など。