出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「こうちき」》平安時代以降用いられた高位の宮廷女性の上着。準正装として重袿 (かさねうちき) の上に着る。普通のよりも身丈が短い。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉