出典:デジタル大辞泉(小学館)

中央銀行(日本では日本銀行)が市中の金融機関に対して貸し出しを行う際に適用する基準金利。これの変更は資金調達コストの変動を生み、企業・個人の経済活動に影響を及ぼす。日銀は平成18年(2006)8月からこの名称を廃止し、「基準割引率および基準貸付利率」と呼ぶとした。

[補説]かつては日銀が操作する政策金利として重要であったが、民間銀行の金利自由化に伴い形骸化し、日本の政策金利は公定歩合から無担保コールレート翌日物の誘導目標金利(O/N Call Rate Target)に移行した。→コールレート