こう‐どう〔‐ダウ〕【恒道】 の意味

  1. 人としてつねに踏み行うべき道。常道。
  • 名詞