あい‐し〔あひ‐〕【相仕/相衆】 の意味

  1. 一緒に仕事をする者。
    • 「九右衛門、―ら招き寄せ、小声になって」〈浄・博多小女郎
  1. 組になって客に呼ばれる芸者。特に、江戸新吉原で、二人一組で客の席に出る芸者が互いに相手のことをこう呼んだ。
  • 名詞