出典:デジタル大辞泉(小学館)

旧日本陸軍内部の一派閥。荒木貞夫真崎甚三郎を中心に、昭和7年(1932)ごろから勢力をもった。クーデターによる国家改造を計画したが、統制派と対立、二・二六事件の失敗により衰退した。